通販で買えるキャットフード7

こんにちわ!マイコです!

うちの愛猫は相変わらずのんびりこたつで爪のお手入れしてます。急に寒くなったり暖かくなったりして飼い主の私はのんびり出来ません(笑)

さて、こちらの記事ではキャットフードを買う前に知ってほしい、「猫にとって必要な栄養素」のお話です。キャットフードを買うときには原材料や添加物には気をつけてくださいと毎回のごとく書いていますが、それらとともに栄養素のことも知ってもらえると通販でキャットフードを買う際にも役立てて頂けるかと思います。

 

キャットフードの栄養はこれをチェックしよう。

猫には最も必要な4つの栄養素があります。それが下記のものです。

タンパク質

体を作り上げていくために最も必要な栄養素で、成長期には特に重要な働きをします。猫の体の機能維持のために必要なタウリンなどのアミノ酸も含まれているため、タンパク質でも動物性タンパク質が多く含まれているキャットフードを選ぶのがおすすめ。

脂質

猫ちゃんの小さな体を動かすエネルギー源となる栄養素です。脂溶性ビタミンの吸収を手助けし、体内の免疫力を高めてくれる働きもあります。

ミネラル

ミネラルの中でも特にカルシウムとリンが骨や歯を形成するために必要な栄養素です。

ビタミン

体の働きを調整するための栄養素。特に猫の場合は網膜を正常に保つためのビタミンAと体調維持に必要なビタミンB1が大切。

 

これらは猫の健康を長期間維持していくために最も必要な栄養素です。そのため、キャットフードを選ぶ際にはこの4つの栄養素がバランスよく配合されていて、なおかつ猫の体の弱い部分をカバーできる栄養素もしっかりと補われていると最高です。

上記4つの栄養素とともに、マグネシウムの含有量が妥当と言われている数値での配合や尿中のミネラルバランスと整えてくれるものなどが配合されているものをおすすめします。

 

キャットフードの代わりにドッグフードを代用できる?

結論から申し上げて、ドッグフードを猫ちゃんのご飯に代用することは出来ません

猫と犬では体に必要な栄養素が異なるため、例えフードを食べてくれたとしてもお腹いっぱいにはなっても栄養バランスが悪いといえます。ですので、逆の場合も同じです。

なんでも食べるからいいだろう…と軽い気持ちでフードの代用を続けることはお勧めできません。

必要な栄養素が違うということは、心臓機能や内蔵機能、筋肉など体を作り上げる事自体が違うということです。不要な栄養素をとってしまうことで悪影響が出ることもありますので、そういった点を飼い主さんがきちんと認識して与えてあげてください。


▼4つの重要な栄養素を含み、穀物不使用・下部泌尿器疾患への配慮もされたプレミアムキャットフード▼

「カナガンキャットフード」ひとつで必要な栄養素が補えて、健康維持ができる。