【0〜6ヶ月頃】子猫におすすめのキャットフードを調査しました!

0〜6ヶ月頃までの子猫におすすめのキャットフード

管理人
この時期の子猫は、授乳期間や離乳食期間などが混ざって来る時。母猫が一緒にいれば母乳でいいのですが、飼い主さんが子猫の食事を管理する時は子猫用のミルクをあげたりして、しっかりと栄養管理をしてあげましょう♪

その頃になったら、子猫用のキャットフードをお湯やミルクでふやかして柔らかくして食べさせてあげてください。ここでは、そんな離乳食期に入る子猫におすすめのキャットフードについて色々とご紹介します♪

子猫用のキャットフードはいつごろからあげたらいいの?

管理人
子猫は生後1ヶ月前後で離乳食を食べさせられる時期になります。

それまでは授乳期と呼ばれる時期なので、母猫がお世話をしていれば母乳を飲ませていれば十分です。

もし、母猫が育児をしていない・小さな頃に里親から譲り受けたなど事情があって飼い主さんが授乳期にお世話をする場合は子猫用のミルクをあげてください。

子猫用のキャットフードは1回でどのくらいの量あげたらいいの?

管理人
猫の1日の摂取カロリーの計算式として、【猫の体重×〇〇kcal】というものがあります。子猫の時期は1日の摂取カロリーは100〜200kcalが目安と言われていますので、これを参考にします。

そして、それを置き餌として与えるのではなくって、1日に3〜4回に分けて食べさせてあげます。

ミルク以外の離乳食を食べる時期に入ってくる生後1ヶ月以降からは、子猫用のキャットフードをお湯でふやかして柔らかくして食べさせてあげるのが⭕。

生後4ヶ月以降になってきたら歯が生え変わってきて、ドライフードを噛んで食べられるようになるので、この頃からそのままキャットフードを食べさせてOKです。

子猫にとって安全なキャットフードを選ぶポイントは3つ!

1.動物性タンパク質が多く含まれているキャットフードを選ぶ。

子猫にとって授乳期を終えて、離乳食期に入ってきたら1度にたくさん食べられない分、栄養価の高い食事が必要になってきます。

体を作っていくのにとっても大事な時期でもありますが、子猫は食べ物の消化能力がまだ低いため、猫にとって必要な『動物性タンパク質』が多く含まれているキャットフードを選んであげるのが⭕。

子猫用のキャットフードを選ぶ時、原材料に肉や魚などが一番多く含まれているキャットフード(原材料欄の一番最初に書いてあるものから多く含まれています。)を選んであげてください。

ただし、◯◯ミールと書かれた副産物の肉や魚が多く含まれているものではなく、質のいい新鮮な原材料が使われているキャットフードであれば、少ない量でもしっかりと栄養が取れるので子猫も十分栄養を確保できます♪

2.出来る限り穀物が少ないキャットフードを選ぶ。

子猫の時期は消化能力が低いため、穀物が多く含まれているキャットフードはなるだけ避けてあげる方が⭕。

猫が穀物を一切摂らなくていいということではありませんが、もともと『穀物の栄養を沢山必要としない』肉食動物にとっては、たくさん摂りすぎることは消化器官に負担を掛けてしまいます。

それが体の小さい子猫ならなおさらのことです。

3.今後の健康を考え、無添加のキャットフードを選ぶ。

体がぐんぐん成長する子猫の時期に、添加物の多く含まれている食事は成長に影響するばかりではなく、今後の健康維持にも影響を与えます。

人の赤ちゃんが小さな頃からジャンクフードばかり食べていたら…?どうなるか?は想像がつきますよね。猫もそれは同じことです。

無添加のキャットフードを選ぶ場合、酸化を防ぐために配合されているものとして天然由来の成分が使われているものを選ぶといいです。

例えば、酸化防止のために天然のハーブ(ローズマリーやマリーゴールド)・天然由来のビタミンE(ミックストコフェロール)などが使われているキャットフードがおすすめです。

子猫におすすめ!安全で人気のキャットフードを各社比較しました。

管理人
ここでは、通販で買えるプレミアムキャットフードや市販でも買えるキャットフードを栄養素や原材料などを比べて、どれが子猫にいいキャットフードなのか?を比較していますので、参考にしてみてください♪
動物性タンパク質を
使っている
穀物が少ない 添加物不使用
シンプリーキャットフード
カナガンキャットフード
ねこはぐキャットフード
モグニャンキャットフード
ファインペッツキャットフード
ジャガーキャットフード
ピュリナワンキャットフード
アカナキャットフード
ねこままちょいすキャットフード

子猫用のキャットフードに市販のものは選んでもいい?

動物性タンパク質
を使っている
穀物が少ない 添加物不使用
ロイヤルカナン
ナチュラルチョイス
カルカン
懐石
キャラット
メディファス
シーバ
ねこ元気
サイエンスダイエット
ミオ
モンプチ
フリスキー
銀のスプーン
ミャウミャウ

子猫がキャットフードを食べてくれない時はどうしたらいい?

管理人
原因が色々とありますが、体調不良で食べない時以外は普段のキャットフードの与え方を見直してみましょう!

授乳期を終え、離乳食期に入り、徐々にキャットフードを食べさせるようになって、【幼猫期】と呼ばれる成長期に入り始める頃。

だんだん子猫も環境や食事に慣れてきて、キャットフードを食べる様子が変わってくることもあります。

特に飼い主さんが困るのは、今まで与えていたキャットフードを食べなくなるときではないかと思うのですが、その場合は下記のような原因が考えられます。

  • キャットフードが合わない
  • キャットフードを入れる器が気に入らない
  • 匂いが気になっている
  • 好き嫌いなど好みが出来始めた
  • 1回の量が多すぎる
  • キャットフードを食べる場所が毎回変わって落ち着けない
  • ストレス

などです。

◆キャットフードが合わない
→これに関しては、好き嫌いの好みが出来始めたこと・匂いが気になるなども要因に入ってきますが、そもそも成長段階に合ったキャットフードを食べさせてあげていないことが一番の原因だと言われています。

◆キャットフードを入れる器が気に入らない
→これは猫のご飯を食べる姿勢にも関係してくるのですが、器の形でキャットフードが食べづらかったりすると猫はぷいっ!と食べなくなることがあります。体の小さい子猫の場合もこれは同じです。

◆匂いが気になる
→猫も犬のように嗅覚が鋭い生き物なのですが。キャットフードの保管方法によっては、若干酸化し始めて風味が変わってしまったとか、そもそも原材料の中に使われているオイルコーティングされたものの匂いが嫌いなど、猫がそういった匂いに反応してキャットフードを食べないということもあります。

0〜6ヶ月頃までの子猫におすすめのキャットフード まとめ

これから体が出来上がっていく成長段階に入る子猫にも、【どの猫でもこれ食べてればOKでしょ!】という感覚でキャットフードを選ぶのではなく、

  • 必要な栄養素
  • 成猫・シニア猫になっても健康が維持できる原材料

をしっかりチェックしてあげて、成長段階に合ったキャットフードを与えるようにしてあげてください。

また、特に市販のキャットフードを買う時は、原材料欄や成分表をよく見てみてください。

穀物が多すぎないか?動物性タンパク質が含まれている原材料が使われているか?など、細かいことですが飼い主さんしか出来ないことなので、家族となる猫ちゃんのためによく確認を…^^♪

スポンサードリンク