市販や国産のキャットフードは本当に安全?安いキャットフードを調査しました!

安いキャットフードは安全性がとても低いので要注意。

管理人
市販のキャットフードは安くて量も多いけど、安全性や質がとてもい低いです。その理由は原材料に主な原因があります。

愛猫を迎えたばかりの私も「少しでも安くて、でも安全性が高そうなもの」としてフリスキーやモンプチいった市販で買えるものを買っていました。飼い主さんも出来ることなら「安くてたくさん食べられるもの」を選びたくなりますよね。

でも、その「安くてたくさん食べれるもの」というものは、猫ちゃんにとっては食べ続けていると将来的に体に害を与える可能性があります。

安全なキャットフードは3つのポイントがある。

管理人
  1. ヒューマングレードと呼ばれる「人が口にできるレベル」の原材料が使われていること
  2. 人工添加物(酸化防止剤や保存料、着色料)が使われていないもの
  3. 穀物が一切不使用のもの

キャットフードには肉や魚が原材料に使われていますが、「◯◯ミール」「肉類」「魚類」と記載してあるものの中には人が口にすることが出来ない材料を使用してあります。

この3つのポイントをクリアしたものが猫ちゃんにとっては安全性の高いものといえます。

 

そう記載してある原材料のすべてが、絶対に食べられないものということではないのですが、それでも肉や魚の「本来であれば処分する部位」が使われていると思うと、気持ちのいいものではないですよね><

キャットフードを選ぶ時は「安さ」や「量」、「メーカーがパッケージに記載している情報」だけで選ぶのではなく、猫ちゃんの健康を維持できる物が使われているか?を飼い主さんが買う前にチェックする癖をつけてほしいな、と思います。

市販のキャットフードで安全なものは?

管理人
市販のキャットフードを買う時は、人工添加物が使われていないか?という点・肉や魚は「◯◯ミール」じゃないか?をチェックしてください。

特に「とうもろこし」「小麦粉」「コーングルテンミール」「玄米」などを使っているものが多いので、人間のようにアレルギーになってしまう猫ちゃんもいます。

市販のキャットフードの大半は大量生産して、その分価格を抑えるために「穀物」が使われているものがほとんどです。

 

それに猫は本来肉食系の動物なので、大量に穀物を食べなくてもいいと言われています。

出来ることなら穀物不使用(グルテンフリーとも呼ばれています)のキャットフードを選んでほしいのですが、「急に何千円もする高いキャットフードは買えない…」という飼い主さんはせめて、

  • 人工添加物が使われていないか?
  • 肉や魚は「◯◯ミール」じゃないか?

この2つのポイントに注意して市販のキャットフードを選ばれてください。

おすすめの市販のキャットフードランキング

先ほどもお伝えした2つのポイントを踏まえて、ペットショップやスーパーなどで買えるおすすめの市販のキャットフードはこの3つです。

商品名 ピュリナワン ターキー&チキン味 サイエンスダイエット チキン味 メディファス室内猫用 チキン&フィッシュ味
原産国 アメリカ チェコ 日本
メインの原材料 七面鳥(ターキー)、米、コーングルテンミール、チキンミール トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、米、コーングルテン 穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)
人工添加物 不使用
※酸化防止剤はミックストコフェロールを使用
不使用
※酸化防止剤はミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物を使用
不使用
※酸化防止剤はローズマリー抽出物、ミックストコフェロールを使用
マグネシウム値 マグネシウム0.09% マグネシウム0.085%以下 マグネシウム0.078%
価格 1,463円 1,454円 991円
内容量 2.2kg 1.8kg 1.4kg

※上記価格は2016年11月現在Amazonで確認できる価格になります。

こちらの3つはうちの愛猫が下部尿路結石になってしまってから回復して、プレミアムキャットフードを食べるようになるまで、尿路結石が再発しないように動物病院の獣医さんや看護師さんに色々聞いて、気遣っていた時に買っていたものです。

健康な猫ちゃんにも何かしらの病気の経験がある猫ちゃんでも、上記3つは市販の中では着色料も使ってないし、酸化防止剤も天然のものが使われていて、なおかつマグネシウム値も低めなので、食べさせても大丈夫と感じたキャットフードです。

猫の祖先は元々砂漠で生きていたという話は知っていますか?

猫の祖先にあたる動物はもともと水分の少ない砂漠地帯に生息していたと言われています。

そのため、少ない水分でも生きられるように腎臓で尿を凝縮し、体内から排出する水分が少なくなるように進化した体になっているんですが、猫ちゃんはその凝縮された尿の成分が原因で尿路系の病気になりやすくなっています。

なので、なるべく新鮮なお水がいつでも飲めるようにしておくことと、尿の濃度が上がりすぎないように穀物が少なく、マグネシウム値が低いものを選ぶのが大事だと言われています。

市販の安いキャットフードだと、尿路系の病気の原因を引き起こしやすくなってしまうので、飼い主さんが気をつけてあげてほしいです。

市販のキャットフードでロイヤルカナンは安全?

管理人
ロイヤルカナンには危険だと言われてる酸化防止剤の「BHA」「没食子酸プロピル」が使われているので安全とは言い切れない。


ロイヤルカナンもペットショップやスーパーで買える市販のキャットフードとして、食いつきの良さなどでも人気が高い…と言われておすすめされることがありますが、

  1. 発がん性の酸化防止剤が使われている
  2. とうもろこしが多く使われている

という2つの注意点があり安全とは言い切れません。

市販や国産のキャットフードで安全なものは? まとめ

安い価格で販売できるのには理由があり、キャットフードの場合は穀物などを使って大量生産している。
▶穀物や人工添加物を使っているものは、将来的に病気を引き起こしてしまう可能性があるので、「猫の健康維持に必要なもの」が使われているかをチェックする
▶市販のキャットフードの中でもピュリナワン、サイエンスダイエット、メディファスは比較的安全かもしれない。
※猫ちゃんの個体差や運動量、生活環境によっても左右されるから安全とは言い切れない。
▶ロイヤルカナンは発がん性のある酸化防止剤が使われているので、長い間食べさせるのはちょっと要注意。
▶安全性の高いキャットフードは、穀物不使用・無添加・新鮮な肉や魚を使ったもの、この3つの条件をクリアしたもの。

どの記事を書いてもいつもお伝えしたいのは、猫ちゃんのためのキャットフード選び」をしてほしいということです。

キャットフードを選べるのは「飼い主さん」で、猫ちゃんはそれを待っているしか出来きません。できることなら健康でいて、少しでも長く一緒に生活したいですよね^^♪

猫ちゃんが大きくなって高齢になっても、少しでも健康体でいてほしい。そんな思いを込めてこの記事も書きました。

これから猫ちゃんと暮らす人、今猫ちゃんと暮らしている人にとっても、少しでもキャットフード選びの参考になりますように…♪

 

 

 

スポンサードリンク