こんにちわ!マイコです。

こんな写真のように、平和なときが続けばいいな…と毎日思っていますが、それでも病気になった時はもう心配で涙が止まらなかったです。

今日はうちの子が私の知識の無さで引き起こしてしまった「猫下部尿路疾患」の時の話をします。

猫下部尿路疾患ってどんな病気?

こちらの記事で最初に「尿路結石症」を起こしたと書きましたが、動物病院へ慌てて連れて行って尿の検査や血液検査をしてもらったのですが、その際に診断されたのが猫下部尿路疾患でした。

猫下部尿路疾患とは膀胱から尿道に起こるものでいろいろな原因と症状を含む病気のことで、うちの愛猫の場合は食べさせていたキャットフードの中のマグネシウム値が高すぎたことで膀胱の中のミネラル濃度が上がってしまい、ストルバイト尿石(顕微鏡で見ると塩の結晶のようなもの)というものができてしまって、その結晶が尿道が詰まってしまうというものでした。

ストルバイト尿石はこういう感じのものです。

花王 猫の泌尿器ケア研究会より引用しています。

発症の原因

悲しみの管理人

発症の原因元となるものは尿検査をしてもらうとわかるのですが、原因がわからない特発性の膀胱炎、尿石(ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石)、尿道栓子によって発症するんだそうです。

上記に書いたとおり、うちの愛猫の場合はこの病気の最もポピュラーな症状としてみられるストルバイト尿石が出来てしまっていることが原因でした。

ただし、確実にこう!という原因は実情わからないということもあるそうで…

  • お水を飲む量が少なすぎる
  • ミネラルバランスの崩れ
  • ビタミン不足
  • キャットフードの原材料によるもの
  • 尿のpH値異常
  • 肥満
  • 陰茎・膣からの感染
  • 体の抵抗力の低下

これらのことが原因となって猫下部尿路疾患になります。

この中でもうちの愛猫の場合は、キャットフードの原材料から摂取した成分によるマグネシウム値が異常に高くなっていたことで膀胱内のミネラルバランスが崩れ、尿のpH値が上がってしまい、尿石が出来てそれが尿道に詰まってしまうという症状になっていました。

発症したらどんな症状が出るか?

猫下部尿路疾患になったうちの愛猫はこんな症状が出ていました。

  • トイレに5分おきなど何度も何度もいく。
  • トイレに行くけどおしっこは出てない。(膀胱炎が起こってる感じ)
  • おしっこが出た時は血の混じった血尿がでる。
  • 同じ場所から動かず、ご飯も食べない。食欲がなくなる。
  • お水を飲むものの、少ししか飲まない。
  • どんどん痩せる。

 

悲しみの管理人

もう思い出しただけでも辛くなってきますが、ここまでくると見るからに体調が悪いとわかります。

なのに、日中仕事で出て行っていた私に、毎朝いつもどおりに玄関まで見送りに来てくれて「にゃーん」と鳴き心配をさせまいとしていたのか…こんな極限の状態になるまで気づけなかったことにすごく反省しました。

「どんどん痩せる」ということに関しては最後の最後にわかることですので参考にしないでほしいのですが、血混じりなおしっこをしていたら猫下部尿路疾患がひどくなっている状態で、症状がひどくなると尿毒症などになってしまって死亡してしまうこともあるので一刻も早く動物病院へ行ったほうがいいです。

猫下部尿路疾患になった際にかかった治療費の詳細

悲しみの管理人

ここからは実際に猫下部尿路疾患になった時の治療費などの費用の話です。

初回の診察代

血混じりのおしっこしていた極限の状態で動物病院へ慌てて向かい、まず診察してもらいました。

その際に病状をはっきりとさせるために血液検査と尿検査をするようになり、この検査をしたことで診察時間は1時間以上かかってました。

そして検査が終わり病状がわかった時に、うちの愛猫の場合は状態がひどかったので、すぐに尿石を溶かしてオシッコと一緒に体外へ排出するための点滴をしてもらうことになりました。

このため、初回の時にかかった費用は…

初診料 2,000円
血液検査と尿検査代 10,000円
この日の点滴代と栄養剤の注射代 3,000円
合計金額 15,000

このくらいでした。

(すみません!はっきりとした金額を思い出そうと思って領収書を探したのですが、見つかりませんでした…)

 

猫下部尿路疾患の場合は必ずと言っていいほど尿検査をしますので、それに伴って血液検査も一緒にすることを勧められました。

今まで健康診断などに行ってなかったので、うちの場合は獣医さんのアドバイスにしたがって初診の時にこのような対応をしました。

また、うちの場合は症状がひどかったのでこれ以上悪化しないようにするために、点滴と注射でお薬と栄養剤を処方してもらいましたので、初診の際にこれだけの費用が掛かっています。

入院期間・入院費用

初診の日は診察時の愛猫の状態や今後必要な処置、入院になったらどのくらい入院して、何日でどのくらいの費用がかかるのかなどのお話を聞いて一旦帰宅しました。

 

口コミ4

「一度点滴をしているので一晩ご自宅で様子を見られてみてみますか?その時に他のご家族の方とご相談されてください。連絡を頂いたら病室のゲージを開けておきますから。」

と獣医さんに仰って頂いたので、一晩様子を見たのですが、やはりこのままではどうしようもない…と考え翌日から入院をさせることにしました。

入院期間と病院の体制

お世話になった動物病院では…

  • 入院期間はとりあえず2週間(点滴をしながら膀胱内の尿のph値などの様子をみていく)
  • 病院が開いている時間なら面会はいつでも可
  • 食事は病院が取扱ている猫下部尿路疾患向けのドライフードとウェットフード
  • 初めのうちは症状が収まるまでオムツをつけてくれる

これが入院時の最初に言われた入院期間と体制の説明でした。

 

悲しみの管理人

また、お世話になった動物病院は、病院兼自宅となっているものの、24時間体制で獣医さんや看護師さんがいるわけではなかったので、万が一夜間に病状が悪化した際には処置ができないのでそれでもいいかどうか?の同意書を書かされました。

小さな動物病院ではこういった環境は普通にあるそうで、もしそれが心配なら24時間体制で見てくれる病院を紹介することもできると言われました。

ですが、紹介された病院が自宅からとても遠い病院であったことと、24時間体制ということはそれだけまた費用がかかるということもあって、私は今回お世話になったところに入院させることに決めました。

面会に関しては、毎日行く前に何時に伺うということを電話で連絡を入れてから行きました。入院している動物の中には重い症状の子もいるため、面会で人間が何人もお部屋に入れませんでした。

動物たちにストレスを与えないために、人は2人まで入れるようにしているとのことだったので、連絡をすることが義務付けられていました。

入院の費用の総額

▼入院時にしてもらったこと

病室のゲージの確保、毎日の食事・検査・点滴(症状緩和のためのものと栄養剤)、
ペットシーツ・オムツ等の消耗品、退院時の再検査などこれらの処置踏まえて、2週間の入院

 

費用合計 255,000

お世話になった病院では支払いにクレジットカードも使えましたが、私の場合は現金で退院時に全額支払いました。

うちの子の場合、入院中に症状が回復していったので、特にお薬などを追加することもなかったので、総額でかかった費用がこれだけです。

これだけといってもかなり高額でしたが…。

通院時の費用

悲しみの管理人

2週間の入院を終えた後、うちの子は症状が少しづつ回復していき、ちょっとずつご飯も食べれるようになったので、「今後は通院で点滴をする形でも大丈夫でしょう」と言われたので、入院は2週間で終わりました。

その後、尿のph値が正常の値に戻るまでは用心するように言われていたので、点滴の治療のために1週間毎日通院をしました。

その際にかかった費用は毎日の点滴代と最終日に行った血液検査と尿検査代を含めて、総額32,000円(7日間)でした。(すみません、こちらもはっきりとした金額ではないのですが大体30,000円を超える総額でした。)

通院ではなくそのまま入院させていてもよかったのですが、まるで人間の子どものように私が来ると帰りたがり、連れて帰ってもらえないとわかるとスネて背中を向けていたんです。

そんな様子を獣医さんや看護師さんも見ていたので、「お家でリラックスさせてあげた方が食欲も元に戻るでしょうね^^」仰っていただいて、退院時に血液検査と尿検査を改めて行い、数値も正常に戻りつつあるから退院しても大丈夫と判断をしてもらって退院しました。

初診から入院・通院を含めての費用総額

初診時 15,000円
入院時 255,000円
通院時 32,000円
総合計 302,000

あくまでうちの場合ですが、合計3週間ほどの治療でこのくらい費用が掛かっています。

消費税を含めない金額を書いていることと、領収書が見つからなかったためはっきりとした金額ではないものの、とんでもない額の費用が必要になってきます。

猫下部尿路疾患の手術はどんなものがあるのか?

悲しみの管理人

猫下部尿路疾患になって手術が必要な子はそれだけ症状が悪化し、点滴などのお薬だけでは処置ができない状態まできています。その場合、尿道にカテーテルを通して排尿するような状態にしたりする手術をします。

さらに尿道が炎症を起こし細くなって、カテーテルを通せないほどまでなっている場合は、尿閉状態がひどくなってとなっているため、会陰尿導ろう設置術という手術をすることもあるそうです。

会陰尿導ろう設置術も基本的には適切な薬と「処方食」によってミネラルバランスが調整する処置をするそうなので、動物病院での診察の際にしっかりと獣医さんのアドバイスを聞くこと、自宅療養になった際に毎日の食事はどうすればいいのか?ということもしっかりと聞いておく必要があります。

それでも万が一症状が悪化するようであれば、手術などの処置をすることを獣医さんと相談して検討してあげるように判断してあげてください。

猫下部尿路疾患の治療後の再発防止

悲しみの管理人

猫下部尿路疾患に1度かかってしまうと、去勢している・していないにかかわらず、何度も再発を繰り返すことがあるんだそうです。

そうならないために「下部尿路の健康維持用」のキャットフードを生涯与えなければいけません。

つまり、市販のキャットフードはなるだけ与えないようにし、病院で入院時に出された処方食のキャットフードと同じものを生涯与えなければいけないということです。

一度ミネラルバランスが崩れた症状の出た子は、泌尿器系の器官がさらに弱ってしまっている状態から回復しているのでそこを悪化させないように下部尿路疾患を繰り返します。

また、肥満気味の猫は特に猫下部尿路疾患になりやすいため、病気になっていなくても下部尿路の健康維持用のキャットフードを食べている方がいいと言われています。

さらに家猫の場合は、行動範囲が限られるために運動量が少ないことで水を飲む量もへり、トイレに行く回数も少なくなることで膀胱内の尿のph値が自然と上がってしまうので、下部尿路疾患を発症する子もいるのだそうです。

現在健康な子であってもキャットフードには動物性タンパクが多く、ミネラルバランスがよく、ビタミンなどの栄養が整ったキャットフードをあげていると安心だと入院させた動物病院の獣医さんから話を聞きました。

猫下部尿路疾患になった時のキャットフードはどんなものがいいのか?

  • マグネシウム値が妥当と言われる0.09%を超えていいないもの
  • 穀物を使用していないもの
  • 動物性タンパクがしっかりとれるもの
  • ビタミン不足にならないようにビタミンが配合されたもの
  • ミネラルバランスが整っているもの

これらの条件が添えろっているものを買うように獣医さんに教えていただきました。病院ではこれらのキャットフードをすすめられました。

ロイヤルカナン PHコントロール 猫用 ヒルズ サイエンス・ダイエット 猫用

ロイヤルカナン 療法食 pHコントロール0 ドライ 猫用 2kg

新品価格
¥3,360から
(2016/2/4 11:55時点)

ヒルズ プリスクリプションダイエット 猫用 c/d マルチケア ドライ 2Kg

新品価格
¥3,006から
(2016/2/4 11:52時点)

悲しみの管理人

これらの療法食は獣医師さんの指示があってから与える療法食で、「動物病院へ診療を受けた際に勧めるものなので、ネットでも買えますが健康な子に与えるためのものとして勧めてはいません。とも動物病院の獣医さんに言われました。

そのため、退院時に上記のロイヤルカナンのドライフードとウェットフードを病院から買っていったのですが、開けてびっくり…!ペットフード臭がとんでもなくて、退院してから愛猫にあげたら「ぅオェッ!!!!」というほど嗚咽が出てしまって食べてくれませんでした。

このことを電話で動物病院に相談したら、「その子の好きなものを一緒に少しづつ与えてみてください。もしくは同じメーカーのウェットフードと交互にあげてみてください。」と言われ、うちの子が好きなかつお節を少量混ぜて一緒にあげたものの…一向にたべてくれませんでした。

それから少し時間が経ったらしぶしぶ食べてはくれていましたが、今までのようにガッツいて食べるということがなく、そのときに色々と探していた時に見つけたのが、カナガンキャットフードでした。

 

ショックの管理人

正直見つけた時は、「胡散臭い…ほんとに公式サイトに書いてあるようにガッツくのかいな…」と思ってました。

半信半疑でダメ元で注文して届いてすぐに袋をあけてみると…びっくり!あのくっさいペットフード臭がしなかったんです。

 

悲しみの管理人

「これならいけるかも…」

と試しに少しだけあげてみたら、初めは恐る恐る食べていたのですが、段々と前のようにパクパクと元気に食べてくれるようになりました。猫ちゃんも当たり前のように美味しいものがわかるんだな(笑)って思った瞬間でした。

また、カナガンキャットフードなら健康な子も、一度何かしらの病気があった子も、離乳した子猫も高齢の子もどの猫ちゃんでも食べられる栄養バランスになっているので多頭飼いをしているお家でもカナガンキャットフード一つで済みます。

是非一度、ためしてみてください。毛艶も良くなって本当に良かったです^^

▼追記▼

現在はカナガンキャットフードよりもシンプリーキャットフードというサーモンが原材料のフードに切り替えて、カロリーを抑えつつも栄養バランスを考えたものを与えています♪