キャットフードは“捨てないで”!処分ではなく、寄付や譲ることを考える。

管理人管理人

例えば、自宅の猫ちゃんが命を全うして居なくなった・食べさせていたキャットフードを全く食べなくなってたくさん残ってる等の理由で、キャットフードを処分することを考える様になった時、キャットフードを処分(捨てる)前に寄付や譲るという選択しを考えてください。

猫ちゃんを多頭飼いしているお家では、キャットフードが残るということはなかなか少ないかもしれませんが、1匹の猫ちゃんと暮らしている飼い主さんのお家だと…

  • 食べさせていたキャットフードの好みが変わって、前の分がたくさん残ってる
  • 猫ちゃんと暮らすことがなくなったから、キャットフードが残ってる
  • 病気をしてしまって療養食のキャットフードに変えないといけなくて、キャットフードが残った

などなど、いろいろな理由でキャットフードを少しだけ食べて、たくさん残ってるなんていう状況がありませんか?

うちの場合は、愛猫が過去に下部尿路疾患になってしまった際に

  • 食べさせていた市販のキャットフードが残ってしまったり
  • 療養食のキャットフードを何度も試したけど全く食べてくれなくてたくさん残ってしまったり

ということがあって、残ったキャットフードの処理に困ってしまったことが何度もありました。

そんな時、お金を出して買っている以上、キャットフードを捨てるのはちょっと気が引けますよね💦

 

じゃあ、どうしたらいいのか?ということで、今回はキャットフードを処分しなくていい方法をご紹介します♪

余ったキャットフードの処分方法①:保護団体へ支援物資として寄付する

管理人管理人

私がキャットフードの処理や処分で利用したのが、猫ちゃんの保護団体へ支援物資として寄付することでした。

私の場合は、住んでいる地域の近くで野良猫の保護活動をされている団体さんがいらっしゃったので、そちらに連絡をしてキャットフードを譲り受けていただけないかを聞いてみたところ…

 

担当さん担当さん

キャットフードの商品や状態を見せて頂いて確認をさせて頂きますが、こちらで引き取れそうだと判断しましたら、譲り受けさせて頂きます。

とのことでお返事を頂いたので、直接団体さんの施設へキャットフードを持っていって、確認をしていただきました。

 

ですから、寄付をする場合は念のため…

  • 開封しているものは、いつ開封したのか?
  • 買ったのはいつごろか?
  • 賞味期限はいつか?
  • キャットフードの主な成分や働きは?
  • どうしてキャットフードが必要なくなったのか?

といったことを前もって調べたり、まとめておくといいです。

 

また、ネットで『キャットフード 寄付』『キャットフード 支援』といった言葉で検索をすると、支援物資や寄付金を集めている保護団体さんの情報が出て来ます。

その一部をこちらでご紹介します。

動物愛護市民団体JCDL様(支援物資募集ページ)

NPO法人猫の幸せを守る会様(支援物資募集ページ)

犬と猫のための家族探し~ケダマの会様(支援物資募集ページ)

NPO法人えひめイヌ・ネコの会様(支援物資募集ページ)

※ここに記載している団体様はほんの一部の保護団体様です。あなたのお住いの地域で、猫ちゃんの保護団体がないか?そこが支援物資を募集していないか?はネットなどで調べてみて下さい🎵

支援物資を募集している団体さんでも、キャットフードを指定しているところも多くありますので、ご自宅で余っているキャットフードを必ずしも受け付けてくれるとは限らないので、必ず寄付する前にわからないことは問い合わせをしてみてください。

余ったキャットフードの処分方法②:猫を買っている人に譲るorフリマアプリを利用する

管理人管理人

保護団体などに寄付する際、キャットフードを指定されていたり、色々と確認の手間が掛かる場合もあります。

そこまでして処分するのは…と考えるなら、猫を買っている人に譲ったり、未開封のものはフリマアプリを使って譲ることを考えるのも⭕。

ただし、この場合も譲りうける側の猫ちゃんの好みや体の健康状態を確認して、キャットフードを受け取ってもらえるかどうか?を話し合いましょう。

また、フリマアプリでキャットフードを出品する場合は、開封しているものは出品が難しい場合が多いので、未開封のもの・賞味期限がきちんと確認できるものを出品するようにしておきましょう。

受け取った猫の飼い主さんや猫ちゃんが譲り受けたキャットフードで困らないようにするのがいちばん大事なので、『処分に困ったから出品した』というだけの軽い気持ちでの出品は気をつけておいてください。

余ったキャットフードを犬に食べさせるのはOK?

ショックの管理人

キャットフードとドッグフードは栄養バランス面で違いがあるので、キャットフードを犬ちゃんに食べさせるのはオススメできません。

キャットフードには、猫ちゃんが体内で生成出来ない成分(タウリンなどのビタミン類)やタンパク質や脂質を多く含んでいるのですが、犬ちゃんにとってはそれらの成分が栄養過多になってしまうため、キャットフードを食べさせることはおすすめできません。

猫には猫に必要なものを、犬には犬に必要なものをきちんと配合して作られているので、キャットフードを犬ちゃんに食べさせるのは健康を乱す可能性が0ではないので、ここは飼い主さんが理解して気をつけておきましょう。

まとめ

管理人管理人

余ったり、食べなくなったキャットフードの処理や処分をする際は…

寄付したり、譲ったりして“捨てる”以外の方法を考えよう。

キャットフードの状態がよく、特に問題がなければ、ぜひ保護団体などに寄付をすることを検討してみてほしいです。

猫ちゃんにもキャットフードの好みであったり、年齢によっては高カロリーになりすぎるものもあったり…と余ったキャットフードの処分には理由が色々あると思います。

なるだけ無駄にならないように猫ちゃんたちの栄養として、キャットフードが活用される方法をとってみてください。

 

キャットフードを無駄なく食べさせれる!
栄養バランスの整ったおすすめNo,1のキャットフードは?