キャットフードの基礎|猫に食べさせたら危険な食べ物は?

猫にとって人が食べるものは危険なものがある。その理由やその食材は?

管理人
 人が食べているものは塩分や油分が多いので、猫が食べると中毒を起こす場合があります。

例えば、かまぼこや魚肉ソーセージといった加工食品は原料が魚なので猫が食べてもよさそう…と思ってしまいますがそんなことはありません。それらの加工食品は塩分が高いので猫にとっては食べ続けていたら害になります。

塩分を過剰に摂取すると、猫の小さな体にとっては心臓や腎臓に負担がかかってしまうため病気の原因になってしまう可能性があります。

また人が食べるものはネコにとってはカロリーが高すぎるのでその点でもおすそ分けすることは控えておかなければいけません。

猫にとっては中毒や病気の原因になる食べ物

猫が食べると危険なものを表にまとめましたので参考にしてください。

ネギ類・にんにく・にら 猫の赤血球を壊す成分があるので危険。貧血や血尿などを引き起こし、ひどい場合には死に至ることもある。
カカオ チョコなどに含まれるカカオに含まれるテオブロミンという成分が、中枢神経や心臓、腎臓に影響を及ぼし中毒を起こすことがある。嘔吐や下痢をしたり、ひどい場合には死に至ることもある。
コーヒー・紅茶・緑茶 これらに含まれるカフェインが中毒症状を引き起こす。嘔吐、下痢、けいれんなどを引き起こす。茶葉を食べるのは危険。
エビ・カニ・タコ・イカ
生魚など
これらのものを生で食べるのは危険。消化が悪く、チアミターゼという分解酵素成分がビタミンB1を分解してしまうためにビタミンB1欠乏症を引き起こしてしまう。※ただし、加熱した状態で少量であれば食べさせることは可能。
アワビ・サザエなどの貝類 貝が食べた海藻の葉緑素が猫の血液に入ると、日光を浴びた際に皮膚が腫れ、皮膚炎をおこすことがある。
生肉 消化不良を起こしたり、カルシウムの働きを妨げてしまうため危険。特に豚肉の生肉はトキソプラズマという寄生虫のしんぱいがあるので必ず加熱すること。
鶏肉や魚の骨 骨付きの肉などは、砕けた骨がのどや胃腸を傷つける恐れがあるため危険。
牛乳 下痢をしてしまうことがあるため。猫にはネコ用ミルクをあげるようにする。

青魚にも注意が必要!

アジ、サバ、イワシ、サンマ、カツオ、マグロなどの青魚には多価不飽和脂肪酸という成分が多く含まれていて、これらの青魚ばかり食べていると、栄養が偏りビタミンE欠乏症を引き起こして病気の原因を作ってしまいます。

多価不飽和脂肪酸は体にいい栄養なのですが、栄養バランスが偏ってしまっては健康維持はできませんので、適度にほかの栄養分とのバランスを考えて与えてあげてください。

猫が食べると危険な植物は?

管理人
 観葉植物やハーブの中には、猫が口にしてしまうと嘔吐や下痢、不整脈といった症状を引き起こしてしまうものがあります。

自宅にお花や観葉植物などを飾る場合には猫が口にしないように注意しましょう。

これらの植物はネコが口にすると危険です!
あじさい、アロエ、カラジウム、ききょう、クリスマスローズ、ゴムの木、シクラメン、ジャスミン、水仙、すずらん、すみれ、パンジー、チューリップ、ヒヤシンス、ポインセチア、百合

人にとってはいいものでも、猫にとっては体調を崩し悪化すると死に至ることもある危険なものもあります。

特に食べ物は口にしてしまうだけで何かしらの症状がでて、動物病院へ駆け込む…なんてことにもなりかねませんので、猫と暮らす環境や食事は飼い主さんがしっかりと管理しておきましょう。

普段の食事から体調を整えて、猫ちゃんの健康維持をしておきましょう!

 

 

 

スポンサードリンク










▼キャットフードは愛猫の健康を考えたものを選んで欲しい。

猫の餌は近所で買える市販のものでもいいだろう…くらいに簡単に考えてました。

 

でも、家族になってくれた猫ちゃんがいざ健康ではない状態になった時に、その浅はかで配慮のなかった気持ちをとっても後悔しました。

 

それからネットで色々と調べるうちに【通販でプレミアムキャットフードって言われるキャットフードが買えるんだ…】ということを知りました。

 

でも、種類が多く、どれが本当に我が家の愛猫にとっていいものなのか?がわかりませんでした。

 

その経験を他のキャットフード選びで迷っている飼い主さんのために情報として提供できないか?と考え、実際に食べさせてみたキャットフードをランキングにしました。

 

食いつき・栄養バランス・体調の変化などを見てみてランキングしていますので、キャットフード選びで迷ったら当サイトのランキングを見てみてください。