新鮮な肉と魚を贅沢につかった無添加のプレミアムキャットフード「ジャガー」

ジャガーキャットフードはどんなフード?

管理人管理人

カナガン、シンプリーと同じメーカーさんが販売しているプレミアムキャットフードの「ジャガー」は、動物性タンパク質を80%以上含んだ贅沢なキャットフード。

愛猫愛猫

その理由は、鶏肉、鴨肉、サーモン、マスと4種類の贅沢なお肉と魚を使っているからなんです。

ジャガーキャットフードの商品詳細はこちら。

詳細
価格  通常価格:4,280円、定期購入価格:10%OFFの3,852円428円もお得!
内容量 1.5kg
原産国 イギリス
賞味期限 常温未開封で製造日より12ヶ月
※開封後は30日間
メイン原材料  チキン、鴨肉、サーモン、マス
その他
  • 定期購入は3ヶ月継続がお約束。4ヶ月目から休止・解約の手続きが出来ます。
  • 人工添加物や肉副産物、魚副産物は一切不使用。

 

ジャガーキャットフードのマグネシウム値は?原材料や栄養バランスも調査。

管理人管理人

動物性タンパク質を肉と魚からしっかり摂れる無添加のキャットフードになっています。なので、プレミアムキャットフードの中でも「ちょっぴり贅沢」と言ってもいいかも♪

キャットフード「ジャガー」はカナガンとシンプリーのいいとこ取りをしたような「贅沢なキャットフード」として作られています。

そして、ジャガーキャットフードは生後2ヶ月の子猫からでも食べさせられるように栄養バランスも整っているので、成長期の体を作るための猫ちゃんのご飯としてはピッタリです(=^・・^=)♪

ジャガーキャットフードの原材料

管理人管理人

お肉やお魚は乾燥肉よりも生の素材が多く、尿路系の病気に弱い猫ちゃんの体を気遣うクランベリーも配合。

【ジャガーキャットフードの原材料一覧】

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

お肉やお魚は新鮮さは、【ヒューマングレード】といって人が口にできるレベルのものを使っているので間違いないです。果物などから食物繊維をとることで腸内環境も整います。

さらに、アルファルファや朝鮮人参といったハーブや漢方も含むことで疲労回復も見込めるので、たっくさん運動する猫ちゃんにもおすすめできます^^

酸化防止には天然のハーブのマリーゴールドやローズマリーを使うことで、人工添加物を一切使わないから猫ちゃんに安心して食べさせることが出来ます♪

また、穀物も一切不使用の【グレインフリー】なので、尿路系の病気が気になっている猫ちゃんでも食べさせることは出来ますよ。

 

ジャガーキャットフードの栄養バランス

ジャガーキャットフードの成分は下記の通りになっています。

100gあたりの成分と摂取カロリー
粗タンパク質 40.00%
粗脂質 20.00%
粗繊維 3.00%
粗灰分 9.00%
マグネシウム値 175mg/kg
カロリー 384kcl

猫に必要はタンパク質はAAFCOの基準では26%以上とされていますが、最近では本来肉食動物である猫の体に配慮してより多くのタンパク質を摂る必要があると言われています。

その点、ジャガーは粗タンパク質が100gあたり40%となっているので、しっかりとタンパク質も摂ることが出来るという点で成長期の猫ちゃんの体づくりにはピッタリのキャットフードといえますね(=^・・^=)♪

ですが、タンパク質の摂りすぎは肥満の原因にもなります。

パッケージに記載してある給餌量をみながら、お家の猫ちゃんの体重・体調・食欲にも配慮して、あげる量などは飼い主さんがしっかりと管理してあげてください。

ショックの管理人

▼あと、ここに注意してね!

動物病院で治療してすぐの子や入退院を繰り返している猫ちゃんは、獣医さんから指示された療養食をあげるようにしてください。

ジャガーはマグネシウム値が若干高めになっていることとカナガンやシンプリーを含めプレミアムキャットフードは療養食とは違うので、病気を経験した子には栄養バランスなどの面で尿のpH値などが変わってしまって、病気を再発させてしまう可能性もあります。

療養食の後にカナガンやシンプリー、ジャガーといったプレミアムキャットフードを食べさせる場合は、一度かかりつけの獣医さんに相談してください。

ジャガーキャットフードを買った飼い主さんの口コミや評判は?

口コミ1

うちでは今までピュリナワンやサイエンスダイエットをあげていたのですが、急に食べなくなって困っていたところ、一緒に暮らす祖父が愛猫のために…とキャットフードを探してくれて、買ってみたのがジャガーでした。

すると、袋を開けた音を聞いた瞬間走ってきて、ずっと匂いを嗅いでました(笑)どこかのメーカーさんのねこまっしぐら…じゃないですけど、ほんとにまっしぐらでした(笑)

しかも、味も美味しいのかずっともぐもぐ食べてくれます。4,000円近くするのはちょっとお財布には痛いけど愛猫の健康には変えられないので、これからも続けてみようと思っています。

口コミ2

正直言って値段がやっぱり高いなぁ…という感じです。

でも、買ってみたらうちの猫はすごく食べてくれるし、ジャガーキャットフードを食べだしてから便秘気味だったのが解消されたので、体にいいんだなぁというのも実感してます。

口コミ3

今までできるだけ国産のものを…と思って、国産のものを探して食べさせていたのですが、ペットショップで働く家族から「海外のものも無添加で良いものはいっぱいあるよ」と教えられて、見つけたのがジャガーでした。

Amazonでもいろんなプレミアムキャットフードはあったのですが、同じ数千円払うなら「原材料が新鮮な方が良いかな…」と思って選びました。

結果…うちの子はすごく気に入ったようで、今まで食べてた国産のものよりもよく食べてくれます。(高いから大事に食べてほしいですけど。笑) きっと、このキャットフードよりも良いものは他にあるんでしょうけど、うちの子が気に入ってるようなのでつづけて買ってみようと思います(笑)

ジャガーキャットフードはどこで買えば安く買える?

管理人管理人

ジャガーキャットフードは公式サイトで定期購入するのが一番安く買えます。定期購入は3ヶ月継続がお約束ですが、その後の休止や解約も出来るので安心。

ジャガーキャットフードはAmazonや楽天で買えば安くなる?

Amazonでジャガーキャットフードを検索すると…検索結果に出てきますが、Amazonの場合は単品購入なので特に割引などもありません。

楽天の場合は出品されていませんでした(=^・・^=)

ジャガーキャットフードを定価よりも安く買うには、公式サイトで購入するのが一番いいです♪

ジャガーキャットフードを公式サイトで買ってみた!

管理人管理人

ジャガーキャットフードを試したくて公式サイトで購入したので、届いた時の様子などをここではお伝えします!

ジャガーキャットフードを注文すると、カナガンやシンプリーと同様、ダンボールで届きました。

中には冊子なども一緒に入ってました^^

裏面には原材料、成分、給餌量が記載されています。一つだけ気になることは、給餌量のところがちょっと見にくいところです(笑)

ジャガーキャットフードを頼んでびっくりしたのは袋のチャックがマジックテープのようになっていたところです。

ジップロックのような噛み合わせるタイプよりも密閉感があって、なおかつ力を入れて閉めなくてよかったのがいい!と感じました^^

そして、ジャガーキャットフードは小粒のカリカリでドーナツのように可愛い穴の空いた丸い形をしています。

手に取るとこんな感じ。キャットフードのかりかりって意外と小粒って書いてても、小粒感がないものもありますが、ジャガーキャットフードは猫ちゃんが食べやすい大きさではないかな^^

↓お皿に入れるとこんな感じです。

正直言うと、カリカリの大きさはちょっとバラつきもあります。多分、製造の過程でバラつきが出てるんだと思いますが、栄養などに関しては特に問題はないそうです。

▼シンプリーの時ほどじゃないけど、開ける前からスリスリ…スリスリしてました(笑)

この後、うちの愛猫はすぐ食べるのかな?と思ったら、匂いを嗅いで、ちょっと様子を伺ってから食べていました(笑)

バクバク食べてる!という感じではなくて、じわっとちょこちょこ食べている感じです。多分、シンプリーでお魚味に慣れているからか…

愛猫愛猫

んー…オレはやっぱ魚が良いわ…。これも上手いんだろうけど…。

 

と言ってるような感じの様子でした(笑)
※あくまでも想像ですけど、ホントにそんな感じだったんです(笑)

ジャガーキャットフードとカナガンキャットフードを比較!

管理人管理人

ジャガーとカナガンはどう違うのか?を比較してみました!選ぶのに迷っている飼い主さんは参考にしてみてください。

原材料で比較

  カナガン ジャガー
原材料 乾燥チキン、骨抜きチキン生肉、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂、乾燥全卵、チキングレイビー、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ  骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

赤字にしているものがメインの原材料になります。ジャガーとカナガンの原材料の大きな違いは、メインの原材料の種類です。

カナガンがチキンをメインとしているのに対し、ジャガーはチキン・鴨肉・サーモン・マスとお肉とお魚のミックスになっています。

どちらもヒューマングレードの原材料には変わりありませんが、原材料や味の点ではジャガーは「とっても贅沢」なキャットフードというイメージがあります(=^・・^=)♪

ジャガーキャットフードとカナガンキャットフードを栄養バランスで比較

  カナガン ジャガー
成分と摂取カロリー 粗たんぱく質37.00%、脂質20.00%、粗繊維1.50%、粗灰分8.50%、炭水化物19.21%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、カルシウム1.58%、リン1.40%、マグネシウム0.09%

エネルギー(100gあたり)約390kcal

粗たんぱく質40.00%、脂質20.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.00%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸3.00%、オメガ3脂肪酸1.40%、リン1.58%、マグネシウム175mg/kg、ナトリウム0.6mg、カルシウム1.70%、カリウム0.95mg、タウリン2,000mg

エネルギー(100gあたり)384kcal

栄養成分の数値は特に違いはありませんね^^

ジャガーキャットフードにはタウリンやカリウムなどが含まれているので、疲労回復や利尿作用なども見込めます。特に運動量の多くなる成長期に入る頃の1歳頃の猫ちゃんには、ジャガーはおすすめできます。

カナガンも栄養バランスはしっかり整っているのはもちろんですので、成長期の体を作るのには適していますが、肉と魚の栄養をたっぷり取ってあげたいという飼い主さんはジャガーをためしてみるといいかも(=^・・^=)♪

ジャガーキャットフードとカナガンキャットフードを金額と内容量で比較

カナガン ジャガー
1袋の通常価格 4,700円(税込) 5,075円(税込)
1日あたりのコスト 156円 169円
内容量 1.5kg 1.5kg

内容量は変わりませんが、1袋の通常価格の差は375円。1日あたりのコストの差は13円です。

内容量はどちらも1.5kgと変わらないものの、1日あたりのコスト差が13円くらいしかないなら、ジャガーで贅沢なご飯を食べさせてあげてもいいかな♪と思ったりもしますね^^

※ただ、カナガンとジャガーは味が違うので好みも配慮してあげる方がいいです。お家の猫ちゃんの好みを優先しつつ、コスト面を考慮して選んであげてください。

【ジャガーとカナガンの比較まとめ】

カナガン ジャガー
原材料 メインはチキン。

穀物は一切使用せず、ハーブなども豊富に含まれているので、猫ちゃんの小さな体に負担がかからない。

メインはチキン、鴨肉、サーモン、マスの4種類。

こちらも穀物一切不使用。カナガンにはない朝鮮人参が使われていることで、疲労回復効果もある。

栄養バランス 栄養バランスの面では特に違いはないものの、4種類の肉と魚を使ったジャガーは成長期の猫ちゃんの体をしっかり作り上げていくタンパク質が若干多く含まれている。
価格と内容 カナガンの方が安い。 プレミアムキャットフードの中では若干高い。

 

ジャガーキャットフードの口コミや評判のまとめ

管理人管理人

カナガン、シンプリーに比べると、ちょっぴりタンパク質も多めなので成長期の猫ちゃんにはおすすめ。

キャットフードの中では贅沢なご飯だけど、栄養バランスもしっかりしているので定期購入でまず3ヶ月間試して、体調の変化を感じてみてほしい。

▶チキン、鴨肉、サーモン、マスと4種類の人が口にできるレベルの原材料が使われていて、とっても贅沢なキャットフード。

▶穀物一切不使用だから尿路系の病気を発症する心配は少ない。

▶人工添加物も不使用なので、さらに安心できる。酸化防止剤は天然のものを使っているが、開封後は30日間が賞味期限となっているので、開けたらなるだけ早めに食べさせてあげること。

▶通常価格だと1袋5,000円するけど、定期購入なら安く買える。

▶定期購入は3ヶ月継続がお約束となっているが、その後は休止も解約も自由にできるし、まとめ買いすれば割引率も上がって、送料も無料になる。

▶お肉とお魚のミックス味が好きな猫ちゃんにはぜひ試しに食べさせてみてほしいキャットフード。市販のキャットフードとは匂いも違うから食いつきが違う。

 

正直言えば、キャットフード1袋に5000円!?って私は思いました(笑)

だって、5,000円あったらペットシーツも買えるし、猫のおやつだって買えるし、おもちゃだって買ってあげられるし…って。

でも、それらの消耗品やおもちゃだって元気じゃないと買う意味がないし、口に入れるものこそ「質の良い物」でないと命の危険だって考えられます。

健康を害する食べ物を与え続けてしまうよりも、先取り貯金をしてお金を貯めるように、にゃんこのために「健康を先取りする」つもりでジャガーを試してみるのもいいですね♪