こんにちわ!マイコです!

最近本当に写真を撮らせてくれないので、久々に撮ったと思ったらこの表情です(笑)

 

さて、今日の記事では室内飼いの猫ちゃんのために運動不足解消や猫ちゃんの居場所づくりに最適なキャットタワーについて書いていきます。

これからキャットタワーを買おうかな…と考えているあなたはぜひ参考にしてみてください。

キャットタワーを選ぶ時の3つのポイント!

喜びの管理人

猫ちゃんの性格をよく観察してからどんなタイプがいいか選ぶのが一番!

猫ちゃんにもそれぞれ性格があり、好みも全然違います。

  • 高い所が好きな子
  • 人が来るとビビって逃げる子
  • 人懐っこい子
  • 枕や布団などが好きな子
  • 狭い所が好きな子

その子の性格によってキャットタワーの好みも変わってきます。そして、性格をよく観察した上で以下の3つのポイントを参考にしてください。

1.猫ちゃんの性格をしっかり観察する

管理人管理人

先にもいいましたが、せっかくキャットタワーを買うならおうちの猫ちゃんに遊んで欲しいですよね。そのためにもあなたのお家の猫ちゃんが普段どんなふうに日常を過ごしているかよく見てみてください。

例えば…

  • 高い所が好き→突っ張りタイプの高さのあるもの
  • 狭い所が好き→お部屋があるもの
  • ふとんや洗濯物などふわふわしたものが好き→ハンモックがついてるもの
  • そんなに高いところにあがることはない→据え置きタイプ

などなど猫ちゃんの性格を踏まえて選んでください。

2.爪とぎ柱がある

キャットタワーというと麻縄が巻いてある爪とぎ用の柱のあるものが多いですが、木製で爪とぎ柱がないものもあります。

家具や家の壁など爪とぎをされたら困るという場合は、キャットタワーに爪とぎ柱があるとそれを防ぐことが出来きて、飼い主としても安心です^^♪

3.自宅のどこに置くかを決め、サイズをきちんと計っておく

管理人管理人

これをやってないと絶対失敗しますので、きちんと部屋の中のサイズを計っておきましょう!

突っ張りタイプでも、据え置きタイプでも組み立てると意外と大きいな!と感じます。私も実際にキャットタワーを家においてみてビックリしました。

  • 部屋のどこに置くか
  • 置く予定の場所にどのくらいの幅で、どのくらいの高さになるか

をキャットタワーのサイズだけみて購入を決めるのではなく、キャットタワーが部屋のどのくらいの範囲を占めるのかを把握しておかないと、いざ組み立てた時に「げ!すんごい場所取る…」ということになりかねません。

キャットタワーのタイプはどれを選べばいいの?

管理人管理人

木製の倒れにくいものが安心。あとはお部屋やハンモックが付いているものがあるといい!

キャットタワーを買う前にお家の猫ちゃんの好みを観察するのはもちろんなのですが、やっぱり第一としては「安全性」です。

  • 倒れにくい
  • 適度な高さと段差がある
  • 猫ちゃんが安心できるポイントがある

この3点は注意して選んであげてください。

キャットタワーって木製がいいの?

悲しみの管理人

倒れにくいという観点から行くと、やはり木製のものがいいです。

キャットタワーは基本的には木製のものが多いですが、お住まいの状況によっては木製のキャットタワーよりもっと軽くて丈夫なものが良いと考えている人もいると思います。

そういう場合には…

オリジナルねこタワー ねこハウス2 イエロー

組み立てが簡単なダンボールのキャットタワーもありますので、これだと移動も片付けも楽でいいです。赤ちゃんや1歳・2歳といった小さなお子様が居て、猫ちゃんもいるお家にはダンボールのキャットタワーはおすすめです^^

多頭飼いのお家であれば、木製のものでしっかりと重さもあり、猫ちゃんたちが何匹乗ってもグラグラしないものがいいです。

木製のキャットタワーはそれだけ安全性も高く、猫ちゃんたちにとって居心地の良い場所になります。

キャットタワーは天井に突っ張るタイプがいい?

管理人管理人

適度な段差と高さを確保しようと思ったら、突っ張るタイプで段差の位置が変えられたり、段差が調節出来る物はおすすめ。

床と天井で突っ張るタイプの大きめのキャットタワーは多頭飼いしているお家では重宝されますし、高いところが好きな子にとっては天国です(笑)

また、ある程度高さがある方が上下運動が好きな猫にとっては運動不足の解消にもなって、環境としては最高です。

猫ちゃんには高いとこから自分より下にいる生き物を見下ろして敵を観察する習性があります。その習性を活かすことを考えると突っ張るタイプのキャットタワーで猫本来の能力が活かせる場所があるのはいいです^^

ですが、据え置きタイプのものでも…

このように柱が2本、3本あってしっかりと高さがあるものもありますので、必ずしも突っ張るタイプが絶対いい!というわけではありませんが、キャットタワーを置く場所・置く位置を考えてどちらがいいか選ぶといいです^^

キャットタワーのスリムタイプってどんなもの?

管理人管理人

キャットタワーを置きたいけど、場所は取りたくない!という飼い主さんに人気なのがスリムタイプのキャットタワーです。

どういったもがスリムタイプかというと…

こういったポールタイプのものが「スリム」と言われているキャットタワーです^^

お部屋の角に設置できるので、場所も取らず、猫ちゃんたちもお部屋の隅で気楽に上下運動ができます。

お部屋の角でなくとも設置ができ、猫ちゃん用のお部屋がある場合は部屋の真ん中なんかに設置してもいいかもですね^^

お値段はポールの段差や太さなどによって異なってきますが、安いものなら5000円ほどで買える物もありますので、手軽にキャットタワーを設置したいお家にはおすすめ。

 

管理人管理人

さて、ではここからはそれらを踏まえておすすめのキャットタワーをご紹介します!

おすすめのキャットタワーはこれ!

第1位☆ねこタワー ヘブンリー(突っ張りタイプハンモック付きキャットタワー)

キャットタワー キャットフード

足元の土台もしっかりしていて、天井に突っ張れるから安定感も抜群。タワー上部にハンモックかごもついていて、高いところが好きな猫ちゃんにおすすめ。

また柱で爪とぎもできるから家の中や家具が傷つく心配もなくなります^^♪キャットタワー キャットフード通販おすすめ

第2位★オリジナルねこタワーキティステップ キャットタワー

キャットタワー キャットフード通販おすすめ

据え置きタイプでおすすめしたいのが、このふわふわの布で作られたキャットタワーです。猫ちゃんはふわふわしたところが大好きなので、このふわふわ仕様のキャットタワーはお気に入りの猫ちゃんも多いです。

また、お部屋の箱部分がタワー上部にあるのでそこがまたおすすめポイントとして評価が高いです^^♪キャットタワー キャットフード通販おすすめ

第3位★オリジナルねこタワー クラウド

キャットタワー キャットフード通販おすすめ

据え置きタイプでハンモックのようなかご部分もあり、2位のキャットタワーに近いふわふわ感があるこのタワーもおすすめ。お部屋とハンモックがあるので2匹以上で多頭飼いしているお家でも十分に遊んでもらえるタワーになってます^^

キャットタワーって自作もできる?

管理人管理人

キャットタワーは賃貸住宅でも自作できる!その時に活躍するのがディアウォールという柱を立てられるグッズ!

賃貸住宅で猫ちゃんと暮らしている飼い主さんでも、キャットタワーを自作したいという人もいると思いますがその時にとっても便利なのがこれ!

1セット1,000円ほどで買える壁や天井を傷つけずに柱を作ることができるもので、このディアウォールは簡単に棚が作れるDIYグッズとして人気のアイテムです。

 

実際にディアウォールを使って作られたキャットタワーがこちらです!

実際に作るとなると時間はかかりますが、これで柱を作っていけば壁に穴をあけることもないので、賃貸住宅でもキャットタワーを好きなように作っていくことができます!

実際にディアウォールを使ってキャットタワーを自作したものがこちらで紹介されています♪

⇒ DIYでマンションにキャットウォークを作ってみた

 

うちは自作のキャットタワーを作るほどの広さがないので、据え置きタイプのキャットタワーを置いていますが、猫ちゃんのことを考えてキャットタワーを自作するというのもちょっと憧れます^^♪

激安のキャットタワーっていくらのものがある?

喜びの管理人

安いものだと据え置きタイプで5000円程度から売ってる!

今回はAmazonで調べてみましたが、ホームセンターなどでもペット用品売り場へ行けばありますが、そこでも5,000円弱くらいの値段で売っているのを確認しました^^♪

私が見た中で「これはいいな!」とおすすめポイントを踏まえて選んだものをいくつかご紹介しておきます!

土台がしっかりしていて、程よく高さもあり、猫ちゃんが落ち着けるお部屋の部分もある。それでいて1万円以下で買えるキャットタワーはとても安いです。

これから猫ちゃんと暮らす人、今猫ちゃんと暮らしているけどまだキャットタワーを持っていない人はぜひ猫ちゃんの運動不足解消にもキャットタワーを検討してみてください^^♪