キャットフードは犬が食べても大丈夫?塩分など栄養面からも調べてみました!

犬がキャットフードを食べてしまった!これって大丈夫?

[char no=4 char=”ショックの管理人”]ちょっとつまみ食いした…という程度なら大丈夫だけど、日常的に犬にキャットフードを食べさせるのは❌。[/char]

猫ちゃんと一緒に犬ちゃんが同居しているお家もあると思いますが、たまに犬にキャットフードを食べさせている飼い主さんが居ますが、あなたは大丈夫ですか?

キャットフードは猫の体を考えて作られているものなので、犬ちゃんが日常的にキャットフードを食べるのは体のことを考えたらよくありません。

《理由1》キャットフードとドックフードは栄養面が違う。

[char no=3 char=”悲しみの管理人”]犬にとってキャットフードは栄養が豊富すぎるから要注意。[/char]

野良猫を見ていると、『猫もなんでも食べるんだろうな』と思ってしまうかもしれませんが、猫はれっきとした肉食系の動物ですので、その猫のために肉や魚といった素材がたくさん使われています。

さらに、猫は体内でタウリンというアミノ酸を作り出すことが出来ないので、キャットフードなどご飯から摂取するしかありません。

そんな猫のためのキャットフードは、栄養分がドックフードよりもたくさん含まれているので、犬ちゃんがキャットフードを食べていると高血圧や肝臓病などの病気を引き起こすことがあります。

《理由2》キャットフードは犬にとっては塩分とカロリーが高い。

[char no=3 char=”悲しみの管理人”]キャットフードは塩分やカロリーが高く、味が濃いため、犬ちゃんにとっては肥満の原因にも。。。[/char]

猫は味覚が犬よりも弱いと言われているので、キャットフードはドックフードよりも味が濃い目になっています。味が濃いということは、その分塩分も多少高いということになります。

また、先に説明したように、猫には体内で作りことが出来ない栄養分があるため、そういった栄養分はキャットフードから摂取する必要があります。

キャットフードはドックフードよりもたくさんの栄養が入っているためにカロリーも高くなります。

犬がキャットフードを食べ続けることは、高血圧や肝臓病のリスクが上がるだけではなく、肥満の原因にもなりますので、注意が必要です。

じゃあ、猫にドックフードはOK??

[char no=4 char=”ショックの管理人”]NGです。犬は雑食のため、ドックフードには穀物が多く使われています。猫にとって、穀物のとりすぎは禁物。猫にはキャットフードを。[/char]

肉食動物の猫にとって、穀物の取りすぎは腎臓にかなりの負担を掛けてしまいます。

穀物をたくさん取ると、尿の濃度が上がり、下部尿路疾患になるリスクが上がります💦

雑食の犬向けのドックフードは猫にとっては、味も薄く、

本来食事から摂取しなければならない栄養分も取れないので、お腹はいっぱいになってもあまり健康面的にはよくありません。

 まとめ

[char no=1 char=”管理人”]猫にはキャットフード!

犬にはドックフード!

それぞれの体を考えて作られた食事を与えてあげるましょう🎵[/char]

犬と猫は体の作りの違いがあるのは当然で、その分必要な栄養も変わってきます。

それぞれの体にあったものを用意して、犬ちゃんも猫ちゃんもいつまでも健康的な体を維持できるように飼い主さんがきちんと理解して、準備してあげてください。

 

 

スポンサードリンク