猫の餌に最適なキャットフードは?いろいろな視点でキャットフードを比較。

管理人管理人

通販、市販問わず色々なキャットフードが売られていますが、それらがどんなふうに良くて、なんでおすすめできないのか?をいろんな視点で比較します。

私がいつもお伝えしているキャットフードを選ぶときに注意してほしいポイントは3つ!

  • 人工添加物を使用していないか?
  • 穀物を使用していないか?
  • 原材料の肉や魚は質の低い「◯◯ミール」「◯◯副産物」といったものではないか?

です。

この3ポイントが勢揃いしているものは、メーカーさんにはごめんなさい…なんですが、猫ちゃんのために遠慮なく「買うのはよく考えてください。」とお伝えします。

では、行きましょう!

キャットフードを1日の摂取カロリーで比較。

管理人管理人

猫ちゃんの1日の給餌量は個体差や運動量によっても若干異なってきますが、成猫で1kgに対して70〜80キロkcal程度が適していると言われています。

猫の種類や体格にもよりますが、室内飼いの猫の平均体重は3kg〜5kgと言われています。それを踏まえて1日に必要な摂取カロリーを計算してみると…

例えば、体重が4kgの成猫の場合…

4kg(体重) × 70〜80kcal(1kg当たり) = 280kcal〜320kcal(1日に必要な摂取カロリー)

上の計算を例に、プレミアムキャットフードと呼ばれるフード(当サイトでもレビューしているもの)の摂取カロリーで比較してみます。

キャットフードの摂取カロリー比較

猫ちゃんが体重4kgだったとして上の計算で出た1日の摂取カロリーを参考に、各メーカーさんの推奨する1日の給餌量目安だと、どのくらいのカロリーになるのか見てみました。

キャットフード名 メーカーが推奨している
1日の給餌量目安
1日の摂取カロリー
カナガンキャットフード 体重3.5~4.5kgで
⇒45~60g
1g当たり3.9kcal
175.5〜234kcal
シンプリーキャットフード  体重3.5~4.5kgで
⇒45~60g
 1g当たり3.8kcal
171〜228kcal
ジャガー キャットフード  体重3.5〜5kgで
⇒50〜55g
 1g当たり3.84kcal
192〜211.2kcal
ファインペッツキャットフード 体重4kgで
⇒40g〜48g
 1g当たり4.2kcal
⇒168〜201.6kcal
ねこままちょいす 体重4kgで56g  1g当たり4.24kcal
237.44kcal
サイエンスダイエット 体重3〜4kgで
⇒40〜49g
1g当たり3.65kcal
146〜178.85kcal 
アニモンダ 体重3〜5kgで
⇒55~85g
1g当たり3.37kcal
185.35〜286.45kcal
ナチュラルチョイス 体重3〜5kg以上で
⇒50〜70g
1g当たり3.65kcal
182.5〜310.25kcal  
オリジン 体重4kgで60g 1g当たり4.06kcal
243.6kcal
アカナ  体重3〜5kg
⇒45〜75g
 1g当たり4.06kcal
182.7〜304.5kcal
アーテミス  体重3〜5kg
⇒71〜96g
 1g当たり3.92kcal
278.32〜376.32kcal
アルモネイチャー 体重4kg
⇒35g
1g当たり3.755kcal
131.425kcal

※すべてメーカーが記載している成猫の1日の給餌量目安で比較しています。

悲しみの管理人

ピンク色にしたアーテミスは1日の給餌量目安も他社より若干多めな分、摂取カロリーも高くなりますね。逆に水色にしているアルモネイチャーは比較した中では給餌量が少ないですね。

アーテミスをあげている飼い主さんは、一度ご自宅の1回の給餌量をしっかり計って、1日の摂取カロリーが目安を超えてないか?年齢にあった量をあげているか?を確認してみてください。

こうしてみると、カナガンやシンプリーなどはカロリーは若干控えめになっていますね^^

だからといって、好きなだけ食べさせていいということではないので、お家の猫ちゃんの食欲やうんちの状態をチェックして毎日の摂取カロリーも飼い主さんが気をつけてあげてください。

ロイヤルカナンと他のキャットフードの比較

ロイヤルカナンはamazonでも人気が高く、レビューでも「食いつきもいい」「よく食べてくれる」といった内容が多いです。最近ではパッケージのリニューアルもされています。

それでもちょっと心配なのはやっぱり原材料です。その点も含めて、ロイヤルカナンと他のプレミアムキャットフードとの比較をしてみました。

商品名 ロイヤルカナン カナガン
キャットフード
シンプリー
キャットフード
ファインペッツ
キャットフード
原産国 フランス イギリス イギリス オランダ
メイン
原材料
とうもろこし
鶏肉、七面鳥
鶏肉 サーモン アヒル肉、ニシン
人が口にできる
原材料を
使用している
粗タンパク質と
粗脂質の割合
タンパク質:25.0%以上
脂質:11.0%以上
粗タンパク質:37.00%
脂質:20.00%
粗タンパク質:37.00%
脂質:20.0%
粗タンパク質:32%
脂質20%
穀物不使用 ×
人工添加物 酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル) なし なし なし
内容量 1.5kg 1.5kg 1.5kg 1kg
価格(税込み) 2,808円 4,224円 4,224円 2,469円
100g当たりの
カロリー
378kcal 約390kcal 約380kcal  420kcal

ロイヤルカナンは注意点が2つある。

悲しみの管理人

キャットフードを選ぶ時に特に気をつけてほしい原材料の点で、ロイヤルカナンはちょっと心配になる点が多く見られます。

  1. メインの原材料にとうもろこしが使われていること
  2. 酸化防止剤が危険だと言われてるものが使われていること

穀物が多く使用されている点が、ちょっと引っかかるものがあります。

穀物を絶対に食べさせてはいけないということではないのですが、やっぱり私と愛猫の経験上、穀物の多いキャットフードを食べていたことで病気になってしまったことを考えると、食べさせるのは控えたい原材料です。

また、何よりも気になるのは「酸化防止剤」です。

通販で買えるキャットフードは大抵「ミックストコフェロール」や「ローズマリー抽出物」などビタミンEからなる天然の酸化防止剤が使われています。

体に取り入れても害がなく、それでいてキャットフードの酸化も防ぐのはやっぱり評価の対象としたいし、飼い主としては「害がない」ということは大前提です。

その分、賞味期限もそこまで長くないということもありますが、食べ物本来の鮮度を長い期間保つのは人が食べるものでもなかなか難しいことです。

酸化防止剤が使われているものは、人が食べるスナック菓子やファーストフードと変わらないと思ってもいいくらいです。

こうしてみると…ロイヤルカナンも買うのは、私はちょっと躊躇します(;´Д`)ロイヤルカナンの療養食にも同じ酸化防止剤が使われているので、そこも気になります。

今ロイヤルカナンを食べさせている飼い主さんは、猫ちゃんが特に変わりなく元気にしていても定期検診などにいって、体の中も健康かどうか?を気にかけてあげてほしいです。

とはいえ…。

猫ちゃんの個体差、運動量によっても市販のものでも何ら変わりなく健康な猫ちゃんももちろんいます。ロイヤルカナンが絶対にダメ!ということではありませんが、なるだけ原材料や栄養バランスには飼い主さんが気遣ってあげてください。

国産のキャットフードを比較

管理人管理人

通販で買えるキャットフードには国産のものもいくつかあります。それらを比較してみました。

商品名 ねこままちょいす
マザーニャン
ジェーピースタイル 和の究み メディファス 室内猫用  ミオコンボ マグロ味 国産キャットフード イー・フィッシュ 銀のスプーン
メイン
原材料
鶏肉、玄米 まぐろ、鶏肉、小麦粉 小麦粉全粒粉、チキンミール とうもろこし、コーングルテンミール、ミートミール とうもろこし、チキンミール、コーングルテンミール フィッシュミール(国内近海鯵)、小麦粉、コーンフラワー、コーングルテンミール 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール等)、肉類(チキンミール、ビーフミール等)
穀物不使用 ×  ×  × ×  × ×  ×
人工
添加物
不使用
×
(着色料を使用)
×
(着色料を使用)
内容量 500g 480g  1kg  1.5kg  700g 200g 1.5kg
価格
(税込み)
1,728円 1,296円 760円 991円 528円 626円 799円
100g当たりのカロリー  424kcal 360kcal  350kcal  380kcal  360kcal 330kcal 400kcal

※上記価格は2016年11月現在Amazonで確認できる販売価格となっています。

国産のキャットフードは安いけど、質が低い。

ショックの管理人

国産のキャットフードが安い理由は、安全性の基準がゆるく、穀物をたくさん使うことで大量に生産できるからではないか?と言われています。

「国産だから安全」とはいいづらいが正直な気持ちです。上の表を見てもわかるように、国産のキャットフードは穀物が使われているものが多いです。

ここに記載していないモンプチやフリスキー、キャラットなどスーパーやドラッグストアなどで見られる市販のキャットフードも原材料を見ればわかりますが、上記の表と同じような原材料が使われています。

上記の国産のキャットフードでも比較的安全性が高いものには黄色で示しています。

量が少ないので、まとめ買いをするなどしないと1ヶ月分にはなりませんが、海外産のプレミアムキャットフードを買うのは抵抗があるという飼い主さんは「ねこままちょいす」や「マザーニャン」を試してみるのもおすすめです。

猫の餌に最適なキャットフード比較 まとめ

▶成猫で1kgに対して70〜80キロkcal程度を目安に摂取カロリーにも気を遣うこと

▶プレミアムキャットフードはその点では摂取カロリーは控えめに作られてある。

▶ロイヤルカナンと他のキャットフードだと、人工添加物を使っているという点で猫ちゃんのことを考えてほしい。

▶国産のキャットフードは「国産」というだけで安全に感じてしまうが、実はそうではない。購入前に原材料や栄養バランスをチェックすること。

 

私がいつもこうして比較したり、評判をチェックしたりする際に考えるのは、「このキャットフードを食べて、万が一の我が子に何かあったら…」ということが気持ちの中にあります。

出来れば「健康で長生きしてほしい」という思いがどの飼い主さんもあるはず。その思いを実現していけるのは、「キャットフードを選ぶ飼い主さん自身」です。

安くてたくさん入っているということでキャットフードを選んでいる飼い主さんはこれを機に、「猫ちゃんの健康を重視したキャットフード選び」をしてもらえるといいな^^♪思います。

少しでもあなたのキャットフード選びの参考になりますように…♪

▼ぜひこちらも参考になさってください^^▼